創価学会の集会にお邪魔してきました

先日、創価学会の集会に行ってきました。
創価学会というと日本のブラックボックスの様に扱われ、拒否反応を示す方が多く、私もあまり良い印象を持っていなかったのですが、何も知らないのに批判するのもどうなのかなということで、知人を介して地区の集まりに参加しました。


新しい会館ということで、インテリアがとても綺麗だなというのが第一印象です。

他の仏教施設とは異なり、板の間ではなく絨毯を敷き詰めてあり、クロスや天井も今どきのというか、かなり丁寧に作られた建築物でした。

私の認識では日蓮正宗から分派した学会が、やがて他の宗派を併呑する勢いで信徒を増やしていった、という認識だったのですが、そのあたりのことは今回の集会では(当然ですが)特に語られませんでした。
宗門事件、二月闘争などと呼ばれるキーワードが語られていたのがそのことなのかなと思います。
僧籍である日蓮正宗側と在家主体である創価学会側の間で、(原因は分かりませんが)軋轢が大きくなってきて、破門という形で分裂したそうです。


講演される方を見ていて、外国人のようなスピーチをされるんだなと感じました。
明瞭な発音と大きな声量、聴衆を鼓舞するような話し方は魅力的で、信者の方々はさぞかし心が震えるんだろうなと。
悪く言えば戦時的とも捉えらえるかもしれませんが、日本の国会中継もあれくらい公明正大に語ってほしいものです。


やはり池田大作氏は別格の扱いでした。
映像でも英雄として讃えられていて、先々代の会長とは思えないほどの人気っぷりでした。

他の宗教と違う点は折伏(創価学会では入信勧誘の意)を非常に盛大に積極的に行っていることです。
世界ではSGI(Souka Gakkai International)として活動しており、そのアメリカ支部の方の講演を見ましたが、もう勢いがもの凄かったです。


壇上「私たちは〇〇州で△△人を釈伏することに成功しました!」
アメリカ信徒数百人「SGI!!USA!!SGI!!USA!!SGI!!USA!!」


これを見て、引いてしまう方もいるかもしれませんが、私は勢いのある宗教というものをまざまざと見せつけられた気がしました。
釈伏自体に100%賛同はできませんが、こうして壇上で功績を称えられと、もっと頑張ろうという心理になるのではないでしょうか。


創価学会に関しては賛否両論かと思います。
日本人の多くが無意識の内に神社や鳥居を崇めることとは比較にならないレベルで、彼らにとっては創価学会に貢献すること、功徳を積むことが心の支柱なわけです。
黒い過去があることは事実でしょうし、勧誘がしつこいこともあることでしょう。
ただ、知ることは誰にでもできることなので、まずは歩み寄ってみてはいかがでしょうか。
それでダメなら絶交すればいいだけです。


入信する気持ちはありませんが、信徒の方々の雰囲気や講演の内容を知ることができたのは非常に有意義でした。

Country Road ~武道とユダヤと篠笛と~

横濱の小さなお店の店長muroiが気ままに書き綴っております。 日本伝統文化、中東経済、旅行のことなどをよく綴ります。 古武道、ユダヤ教、教育が専門です。このブログが皆さんのささやかな癒しや情報収集源になれば幸いです。

0コメント

  • 1000 / 1000