木造建築の再評価

木造の建物がもつ温かみは、住まう人にとって、言葉で上手く表現できるものではありません。

ただ、(技術的に新しいことを加味しても)コンクリート住宅で数百年経ち続ける住宅は今後もでてこないでしょう。

ところが、歴史的な建造物では木造、石造の自然素材のものは数多く存在します。

原点回帰、とまでは言えませんが、一回りして木の良さが見直されてきたのは、自然が好きな私としては嬉しいものです。

Country Road ~武道とユダヤと篠笛と~

muroiです。 教育コンサルタント、宗教学研究、インテリア・不動産アドバイザー。 海外から見た日本、世界の文化、旅行のことなどをよく綴ります。 このブログが皆さんのささやかな癒しや情報収集源になれば幸いです。

0コメント

  • 1000 / 1000