10000時間の法則


物事を極めるには10000時間の練習が必要だと言われています。 

つまり、玄人の中の玄人になるためには多くの時間打ち込む必要があるということです。 

私に置き換えて、古武道の達人になるためには一日一時間の自主稽古では27年間かかるということです。 

還暦が見えてきますね。 

 古武道と篠笛を極めるには、合わせて2時間稽古したとしても、極めるまでに60歳近くなってしまうとなると、もはや老後の嗜みですね。 

 皆さんも何か極めたいと思ったら、ひたすら打ち込んでみてはいかがでしょうか。 

余談ですが、一カ月続けられる人は半分以下、一年続けられる人は最初の一割にも満たないというのが、経験則です。 

「継続は力なり」というのは真ですね。

Country Road ~武道とユダヤと篠笛と~

横濱の小さなお店の店長muroiが気ままに書き綴っております。 日本伝統文化、中東経済、旅行のことなどをよく綴ります。 古武道、ユダヤ教、教育が専門です。このブログが皆さんのささやかな癒しや情報収集源になれば幸いです。

0コメント

  • 1000 / 1000