自分の満足する仕事

「お給料は我慢料」
こんな言葉を聞いたことがある。
辛い思いをしたからこそ、お給料をもらうことができると。
 
「好きなことを仕事にする」
とても耳に心地よい言葉。
本当にそうできたら、どんなに良いだろうか。

もちろんほとんどの人が、後者の言葉にポジティブな意味合いを受け取るだろう。
現実逃避の戯言という面も感じられなくはない。
ただ、今の日本社会の働き方、世界とのズレを考えると、後者の生き方こそが正解なのではないかとも思えてくる。


要は、今の自分の働き方に疑問を持っていると。
お金も大事だけど、お金の奴隷になっちゃあかんと思うのだよ。

古武道家muroiのブログ

小さなお店の店長が気ままに書き綴っております。 趣味は世界遺産、日本文化、香取神道流、篠笛、クラヴマガ。 旅行や閃きなどをよく書いている気がします。

0コメント

  • 1000 / 1000