人間が歯車になる日

機械みたいな人間だらけ


朝の満員電車に乗るために駅で待っている時にふとそんな思いが頭をかすめました

ごった返す駅では皆流れるように人とぶつからぬ様に器用に動きます
電車の中ではパーソナルスペース確保に努め思いやりなど皆無です
足を踏んでもぶつかっても謝りません
電車に乗った瞬間に周りを眺めると、スマホの画面を注視する人だらけの均質した空間が広がります
知らない人同士の会話はまずあり得ません

人々の日常が固定化され、感動がなくなったからこのような人が増えたのでしょうか
それとも、単純に今の社会がこういう人を求めているのでしょうか

たかだか朝の一場面に過ぎません
仕事後には笑顔を取り戻す人も沢山いることでしょう
大人になるとは無機質になることと同義ではないはずなのに、何かやるせない思いが膨らむばかりです

古武道家muroiのブログ

小さなお店の店長が気ままに書き綴っております。 趣味は世界遺産、日本文化、香取神道流、篠笛、クラヴマガ。 旅行や閃きなどをよく書いている気がします。

0コメント

  • 1000 / 1000