クラヴマガ黄帯昇級

長かった。

半年くらい前から黄帯審査だよって言われながらのほったらかし温泉。

帯の色は気にしないんだけれども、帯に合わせて技を指導するから、より実践的な技を見たかった身としては待ち焦がれた黄帯でござんす。


ただ、技に拘泥してはいかんよっていう師範の言葉をよく考えるこの頃。

もうできるから新しい技を教えてほしい、早く黒帯がほしいって叫ぶ方を多く見てきたので、理念を理解しろっていう師範の考え方は至極真っ当だと思います。

日本武道とKravMagaは根底の考え方が異なる気がします。

発祥の歴史がやや違うことよりも、現在の日本とイスラエルの情勢の違いが、求められる武術に表れているんだろうな、と。


「あぁこの人本気をだしたら2秒で人を殺せるんだろうな」と感じさせながらも大らかでいられる師範の動き・思想・信念を沢山学び取りたい。

Country Road ~武道とユダヤと篠笛と~

横濱の小さなお店の店長muroiが気ままに書き綴っております。 日本伝統文化、中東経済、旅行のことなどをよく綴ります。 古武道、ユダヤ教、教育が専門です。このブログが皆さんのささやかな癒しや情報収集源になれば幸いです。

0コメント

  • 1000 / 1000