特別な場所での大切な稽古(追記)

先生がいつもと違う稽古場だから、めちゃめちゃはりきって激しい稽古にしてくれるのが嬉しい
外国人を交えた稽古後の団欒も、稽古の疲れを忘れる有意義な時間
さらに沢山のお土産を戴きました

昇級審査の話が出ていたけれど、黒帯のレベルが化け物じみていて、到達するまでの長過ぎる道のりを感じずにはいられません
簡単でないから、継続することに意味があるのでしょうね


<追記>
毎週、ユダヤ教徒の方々とイスラエルの武術、KravMagaを縁あって稽古しています。
その稽古場がユダヤ教徒にも関係あるところなので、ボアズ先生が非常に楽しそうに教鞭をふるってくれるのが、とても生徒としてありがたい、という主旨です。
私がユダヤ教にも興味があるので、そうした神聖な場で大好きな武術ができることがとてもありがたいです。
また、私が興味を持っていることを知って、親切に色々なユダヤ教所縁の品々をプレゼントしてもらえたのも、嬉しいことでした。

Country Road ~武道とユダヤと篠笛と~

横濱の小さなお店の店長muroiが気ままに書き綴っております。 日本伝統文化、中東経済、旅行のことなどをよく綴ります。 古武道、ユダヤ教、教育が専門です。このブログが皆さんのささやかな癒しや情報収集源になれば幸いです。

0コメント

  • 1000 / 1000