民主主義の限界byプラトン

民主制を敷く国では、自由こそが最も尊い財産だといわれる。
その結果を見てみるがいい。市民は自由を守ることに敏感になり、少しでも規制されると、このような圧政には我慢がならないと抵抗する。支配者などいらないと決め込んでいる市民はついには法律さえ、成文法だろうが不文法だろうが、無視するようになる


まさに今の日本が陥っている状況

Country Road ~武道とユダヤと篠笛と~

muroiです。 教育コンサルタント、宗教学研究、インテリア・不動産アドバイザー。 海外から見た日本、世界の文化、旅行のことなどをよく綴ります。 このブログが皆さんのささやかな癒しや情報収集源になれば幸いです。

0コメント

  • 1000 / 1000