『ダライ・ラマ その知られざる真実』

タイトルに惹かれて即手に取ったのに全然分かりにくい書き方でショック

訳者よりも原作者が詩的な言い回しやサイドストーリを盛り込み過ぎて、本題が見えない進まない。
引用されるダライ・ラマ13世の言葉がとても素晴らしいだけに非常に残念です。
チベットに多数存在する〇〇・ラマという方々の説明がなく、ビギナーには読むのが苦痛でした。


久しぶりに途中で読むのを止めた本です。

オススメでない本です。

でも、チベット問題には皆さんに興味もってほしいです。

Country Road ~武道とユダヤと篠笛と~

muroiです。 教育コンサルタント、宗教学研究、インテリア・不動産アドバイザー。 海外から見た日本、世界の文化、旅行のことなどをよく綴ります。 このブログが皆さんのささやかな癒しや情報収集源になれば幸いです。

0コメント

  • 1000 / 1000