外国のシナゴーグと日本の宗教

イスタンブールに行ったときに入れなかったNeve Salom Synagogue
ユダヤ教は日本も含めて、一般外来者に門戸を閉ざす傾向にあるようです
JCCとは異なるこちらの聖堂を見てみたかったな

記事の終盤にテロによる襲撃の内容が書いてあります
宗教に寛容なトルコであっても、やはりユダヤ教に対する風当たりは強いようで、死人が出るような事件が起きる中では固く門を閉ざす意味も理解できます

蛇足ですが、東京にある日本ユダヤ教団にもネオナチの団体がデモ活動を行いにきます
対岸の火事ではなく、日本国内でも宗教テロは存在するし、世界はその宗教を中心に動いている事実を日本人は認識すべきです
政府が観光立国を目指している中で、増加する外国人観光客の文化を理解しておくことで、無駄な揉め事を回避することはできるでしょう

宗教が怖いと考えず、理解することから始めましょう
日本人は無宗教を謳っていますが、伝統と格式は全て神道と仏教に基づいており、決して理解できない分野ではないのですから


Country Road ~武道とユダヤと篠笛と~

横濱の小さなお店の店長muroiが気ままに書き綴っております。 日本伝統文化、中東経済、旅行のことなどをよく綴ります。 古武道、ユダヤ教、教育が専門です。このブログが皆さんのささやかな癒しや情報収集源になれば幸いです。

0コメント

  • 1000 / 1000