できたことができなくなる焦り

かつて出来た動きが出来なくなる
それはアスリートや武道家に必ず訪れる衰えの兆し

まあ、私はそんな体を使う激しいことをやっているわけではないのですが、篠笛の練習さぼって吹けた音がカスれてしまうとかそんなものです。

ただ、股関節周りが固くなって、あがった足があがらなくなったことには非常にショック。
スパーリングから薄々察していましたが、こんなにも上段を蹴れなくなっていたとは。
ストレッチだけでは可動域の保持に繋がらないんだな、と。
ますます課題が見つかり悲喜こもごもです。

Country Road ~武道とユダヤと篠笛と~

横濱の小さなお店の店長muroiが気ままに書き綴っております。 日本伝統文化、中東経済、旅行のことなどをよく綴ります。 古武道、ユダヤ教、教育が専門です。このブログが皆さんのささやかな癒しや情報収集源になれば幸いです。

0コメント

  • 1000 / 1000