毎日が勉強

何気ない日常から学べることの多さに驚いて、自分の至らなさに落胆しつつも、伸びる方向性を見つけられて嬉しい。

どうして人間ってこう未完成な部分ばかりなのでしょう。
磨いても磨いてもまた新しい発見をする。
これを向上心と人は呼び、日本社会はそれを尊ぶ。
けれども、それは際限の無い強欲への一歩であるかもしれません。
アーミッシュの方々は現状の中で満足することを心掛けるとか。
老子の言葉に「足るを知る者は富む、強めて行う者は志有り」ともあります。
一概に、上を目指し続けることが最良ではないのかもしれません。

その答えはまだまだ私には分かりません。

Country Road ~武道とユダヤと篠笛と~

横濱の小さなお店の店長muroiが気ままに書き綴っております。 日本伝統文化、中東経済、旅行のことなどをよく綴ります。 古武道、ユダヤ教、教育が専門です。このブログが皆さんのささやかな癒しや情報収集源になれば幸いです。

0コメント

  • 1000 / 1000