稽古稽古、ひたすら稽古

怠惰な日々、忙しさを言い訳にする毎日を変えなくてはと思い、時間を作って素振りしました。
毎日、たった30分でも、10分でもいいから剣を握ること。
理由をつけて、離れ、忘れていたことです。

ただ今、数年に一度の忙しさに追われていますが、古武道の稽古に行くといつもと変わらぬ張り詰めた空気がそこにはありました。
「稽古した時間は嘘をつかない」近頃、剣を握っていない私には、穴があったら入りたいくらいのボロボロな稽古でした。
それでも、香取神道流を学びたいと思った初志を忘れずに邁進していきたいものです。

写真は観光地で買った1000円の木刀(赤樫だったかな)。
稽古用と自主練用に二本持とうかな。
駐禁で15000円切られるくらいなら、木刀に5000円使う方が遥かに有意義です。

Country Road ~武道とユダヤと篠笛と~

muroiです。 教育コンサルタント、宗教学研究、インテリア・不動産アドバイザー。 海外から見た日本、世界の文化、旅行のことなどをよく綴ります。 このブログが皆さんのささやかな癒しや情報収集源になれば幸いです。

0コメント

  • 1000 / 1000