宇宙の始まりと、その裏側

「宇宙空間の発生は138億年前にビックバンによって始まった」というのはほぼ全ての方がご存知の通説です。
その中で、2つ夢膨らむ想像が本日ほどばしったので、備忘録としてメモします。


ビッグバンによって宇宙空間は膨張を開始して、現在、光速を上回る速度で膨張を続けており、端っこを見ることは実質不可能だそうです。

じゃあどうやってその膨張速度を測定できたのかというと、部分的に宇宙空間を切り取った時に、ある一定の物質の距離が数億年前に比べて離れていることから推測して、宇宙の端っこはその何倍ものスピードで離れていっているはずだと断定したそうです(諸説あり)。

もっとかみ砕いて言うと、暗闇で懐中電灯のそばで物体を1cm動かしたら、壁に映る影は1m動いたことから、近場の物質で遠方の物質の移動距離を推測した、と。

前置きが長くなりましたが、私が言いたいのはビッグバン以前の宇宙はなんだったの?というお話。そこには何も存在しなかった、という説もありますが、私はこの宇宙すら、無数ある宇宙の1つなのではないかなと思います。

言葉だとわかりにくいので、ちょっと図にしてみます。

人間が想像もできない宇宙の群れ(muroi予想)



全宇宙(ビッグバンで138億年前に誕生)

銀河団

銀河系

太陽系

地球(惑星)

人間

細胞

原子

細胞からみたら人間だって宇宙みたいなものです。
宇宙からみたら地球は消しゴムのカス以下の小ささです。
ビックバンの前は何もないかもしれない、という説もありますが、全宇宙を一つの生命と仮定すると、ビッグバンはその産声と捉えられ、他の全宇宙規模の空間が存在することに何ら不思議はないのではないでしょうか。
それこそ神に飼育されている空間の1つに過ぎないのかもしれませんね。


もうひとつは、宇宙には人間がまだ解明できていないエネルギーに満ち満ちているという現実です。

ダークマター、ダークパワーなどと呼ばれています。
観測はできないけど、重力の存在などから宇宙空間における存在が確認できるそうです。
(ダークマターといえば『とある魔術の禁書目録』で学園都市第二位の超能力者:垣根帝督の能力が未元物質(ダークマター)と呼ばれていたり、第一位の一方通行との手に汗握る戦いが原作15巻で繰り広げられたのはまた別の話)
つまり、宇宙空間に散らばるエネルギーの80%以上が現代の科学力では解析不可能となっています。
そう考えるとビッグバンも1つの可能性であり、そこから先の空間の存在もあながち妄想とは言えないですね。
 
締めですが、現在、宇宙の行く末は
①いつかはしぼんで消滅する
②一定の大きさで膨張が止まりそのまま
③永遠に広がり続ける
この3つのどれかではないかと予想されているそうです。
ダークマターが枯渇したら①か②になるかもしれませんね。
ただ、恒星の一種である太陽に地球が飲み込まれる未来は確実らしいです。
50億年後に向けて、皆さん太陽系外に避難しましょう。
 

Country Road ~武道とユダヤと篠笛と~

横濱の小さなお店の店長muroiが気ままに書き綴っております。 日本伝統文化、中東経済、旅行のことなどをよく綴ります。 古武道、ユダヤ教、教育が専門です。このブログが皆さんのささやかな癒しや情報収集源になれば幸いです。

0コメント

  • 1000 / 1000