刃筋を立てる稽古

先日、居合刀を購入したので、素振りを木刀ではなく居合刀で行ったところ、刃が思っているほど対象に立っていないことに気づきました。

刃先が斜めになっていたり、棟から対象に当たっていたり。

こんなにも自分の素振りはなっていないのかと、ショックの反面、知れた喜びも。

師範が「そんなんじゃ切れないんだよ!」と檄を飛ばしているのも頷けます。

しばらくは朝の素振りを居合刀でやろうと、胸躍る夏の日の事でした。


刀の手入れ方法も勉強しないと。。。

Country Road ~武道とユダヤと篠笛と~

muroiです。 教育コンサルタント、宗教学研究、インテリア・不動産アドバイザー。 海外から見た日本、世界の文化、旅行のことなどをよく綴ります。 このブログが皆さんのささやかな癒しや情報収集源になれば幸いです。

0コメント

  • 1000 / 1000